医療レーザー脱毛のデメリット

痛みを伴う可能性が高い

医療レーザー脱毛でデメリットとなるのは、施術に伴う痛みです。医療レーザー脱毛は通常の脱毛方法よりも高出力であることから、脱毛効果が高い反面強い痛みを伴いやすいという特徴を持っています。このため脱毛クリニックでは痛みを軽減させるように施術前にクリームを塗ることもあるのですが、施術する場所によってはそれでも強い痛みを感じるケースが少なくありません。特に皮膚が弱いところや神経が集まっているところは強い痛みを感じやすいので、それが原因で通院できなくなるという人もいるようです。

このため医療レーザー脱毛を検討している人は、どのような部位を脱毛するにしてもある程度施術中に痛みを伴うことを覚悟しておく必要があります。

脱毛サロンの施術よりも料金が高いことがある

脱毛にかかる費用は徐々に安くなっている傾向があり、以前は高額のイメージが強かった医療レーザー脱毛も通常の脱毛サロンと同じような料金で受けられるようになっていますよね。そのためそこまで高くないのであれば医療レーザー脱毛をしたいと考える人もいるのですが、実は通常の脱毛サロンの脱毛方法と比較すると医療レーザー脱毛は効果を実感できるまでの回数が多く設定されています。そのため施術する場所によっては脱毛サロンよりも費用が高くなってしまうこともありますし、回数が少なくても費用が高く設定されているところも少なくないのです。 このため医療レーザー脱毛にかかる費用は、複数のクリニックを比較検討して確認することが大切です。